読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あきらのあきらめないブログ

普段は歴史ブログを書いていますが、それ以外の思いを綴ります

就活しなかったサラリーマンのデメリット

サラリーマン

f:id:t-akr125:20170330223742j:plain

「お前、就活しなかったの」
「楽に会社に入れてうらやましいよ」
「楽は楽だったけどね、でも就活をしなかったデメリットもあると思うよ」
 
僕はいわゆる就活をしなかった。
大学を出てすぐに起業したわけでもない。
今までずっと企業に勤めるサラリーマンだ。
 
つまり学校推薦(教授推薦)ってやつで、企業に就職した。
企業から大学に採用枠が来て、どこの企業に行くか学生間で調整して、教授から推薦をもらうのだ。
 
僕は簡単な面接試験を受けただけで、楽々内定をもらった。学校推薦をもらえば、殆ど落ちることはないと聞く。
 
会社訪問、会社説明会、採用試験(一次試験、二次試験)はなかったし、そのために勉強や準備などはやる必要がなかった。
 
学校推薦をもらった会社のみ面接試験を受け、複数社に訪問したり、採用試験を受けることもなかった。
 
 
だから、全く就活をしなかった。
 
僕の場合、就活をしなかったメリットは、ほぼ確実に企業に就職することができたので、精神的や肉体的な負担がほぼ無かった。
その時間を卒業論文(修了論文)、バイトなどに費やすことができた。
 
この2点は、就活で悩んでいる学生にとっては、とてもうらやましい点ではないかと思う。
 
逆にデメリットは?
就職してすぐにはデメリットを感じなかったが、企業に勤めて時間がたってからジワジワと感じるようになった。
 
就活をしていたら必ずやるだろう事をやっていないのだ。
企業の特長、ポリシー、カラーなどをしっかりと把握。自分は社会人としてどのように働いていきたいか自分を把握しそのうえで、自分に合った会社を選んでいく。
このことをやっていないのだ。
 
なので極論を言えば、何をやっているかあまり知らない企業で、何をやりたいか分からない状態で、とりあえずお金がもらえるから働く。
そんな状態だった。
 
最初の数年はそれでよかった。
入社して最初のうちは、仕事を一人でできるように勉強して覚え行かないといけない。
 
3年がたち4年がたち、5~6年すぎて、多少は独り立ちできる、いわゆる中堅社員になってくると状況が変わってきた。
 
僕は何をやりたいのだろうか?
どんな仕事をやっていきたいのだろうか?
この会社で、それができるのだろうか?
 
それが全く分からなくなってきた。
 
恐らく就活をやるときに考えることを
企業に入って何年か経ってから、初めて考え出した。
 
こんな葛藤は、学生の時にやっておくべきだ、と思った。
 
おっさんの僕はどうしたのか?
僕は、就活生と同じ様にもがき苦しんだ。けれど、転職することなく、同じ企業で生きていく選択をした。
 
その理由は、臆病であったからであるのとやはり就活をしなかったからである、と思う。
 
就活の時に、他の企業を全く見ていなかったのでやりたいことが見つかる企業があるか見当がつかなかった。
企業をやめて次の就職先が見つかるのか恐れを感じ、転職する勇気も出なかった。
 
就活をしていれば、職を探して手に入れる経験をしているので、思い切ってやっていたのかも知れない。
 
結局、今も僕は同じ企業にしがみついて生きており、安定というぬるま湯につかっている。
一つの同じ企業につとめ、その企業文化にどっぷりと浸かり、井の中の蛙状態である。
 
これまでの人生を振り返ってみると、学生の時に就活をやっていたらなあ、と思う。
就活をやっていたら、また人生は変わっていたと思う。
 
人生の可能性という意味で、就活ができるのなら、学生の時にしっかりと就活をしたい。
出来ない場合でも、なるべく多くの企業や会社を見たい。
僕がもし今、学生なら、そうするだろうと思う。
 
人生の全ては、自分の選択で、自分の責任と思っている。
その時の選択が、その時の自分の最良であったと思っている。
だから、就活しなかったことを後悔はしていない。
これもまた、人生。
 

ライティングを勉強して何になる?

f:id:t-akr125:20170114161627j:plain

昨年の12月のことでした。僕はライティングの勉強を始めました。
もうこれ以上は独力で進歩できない、そう思って始めました。


何のためにライティングを勉強するのか?
今やだれもが情報発信する時代になっています。ブログでは自分の意見や得意なことなどを記事にして、多くの人に読んでもらうことが可能になっています。

僕は自分の書く文章を読んで、なんて面白くないんだ・・・・
人の書く文章を読んで、なんて面白いんだ!
そう感じる機会が多くありました。

 

もっと面白い文章を書きたい!
このブログでウェールズの歴史について書いており、皆さんに面白おかしく楽しんでもらいたい、そんな文章を書いていきたいという思いが強くなりました。こうして、ライティング講座の門をたたきました。

 

勉強しているのなら文章は上手く書けるようになったのか?
まず、僕は文章の書き方をいかに知らないかを思い知りました。

文章の書き方を習ったことがあっただろうか?
小学校や中学校の時に国語は習いましたが、文章の書き方を習ったことはありませんでした。そりゃ、上手く文章を書けるはずはありません。
僕は安心しました。

しかし本当に書けるだろうか僕は不安になっていきました。更に勉強を進めるに従い、こんな文章で読んで頂けるだろうか?という恐れが強くなり、文章が書けなくなっていました。

ここを乗り切らねば上達しない! と腹をくくって努力しています。

そうしたところ、これまで何気なく読んできた文章が、この文章はここが面白い、ここの書き方はうまいなあ、というのがだんだん分かってきました。なんとか真似してでも書けないだろうか? 文章が下手で思い悩みますが、書く楽しみは増している気がします。

そうしたところ、まだまだ実力不足ですが、勉強しているゼミで僕の文章が初めて掲載されました。とても嬉しかったです。(先週の記事に書きました)

今週の嬉しかったことと、連載中の歴史ストーリー「カムリ戦士」

 

さらに、週間グランプリでも6位に入りポイントをもらえました。

【メディアグランプリ 12th Season 第6戦(1/2~1/8)】 - 天狼院書店

 

これも読んでくださる皆さんがあってこそと思います。ありがとうございます。

ウェールズ歴史の創作ストーリーの連載をやっています。書きながらになると思いますが、もっと楽しんで頂けるように文章も進化させていきたいと思います。

混乱の果ての新たな希望 ~中世に舞い降りたカムリ戦士たち 第5話~

 

拙い文章ですが、読んで楽しんでくださると嬉しく思います。

f:id:t-akr125:20170114161851j:plain

 

最後まで読んでくださり有難うございました。

 

犯人を捜せ!探偵に似た開発者

物語

f:id:t-akr125:20161216015519p:plain

こんばんは、たなかあきらです。ウェールズ歴史研究家としてブログを書いておりますが、こちらでは歴史以外の内容を書いております。

www.rekishiwales.com



僕は昔、研究者をしていたことがあり、その時の経験をちょっとだけ利用してストーリーを書いてみました。

 

f:id:t-akr125:20170107203832j:plain

とある製造メーカーD社では、アメリカ進出を狙ったプロジェクトが行われていた。はそのプロジェクトで重要な電子部品の開発を担当していた。この電子部品の開発には競合会社S社も参入してきた、という噂も耳にしはじめ、ますます開発の速度を上げなければいけない状況であった。

 

プロジェクトのメンバーでさまざまな仮説を立ててアイディアを何度も出し合い試行錯誤を続けていた。そしてこれならうまくいくはずだ!というシナリオが出来上がったのである

 

そのシナリオに従って作った試作品が、の手の中にあった

 

f:id:t-akr125:20170107204901j:plain

 

 

やった、ついにできたぞ!

 

ドキドキ感で震える気持ちを抑えながら、は試作品を測定装置にセットし、皆に笑顔があふれる状況を想像しながら、測定データが出るのを待ってい

 

f:id:t-akr125:20170107203912j:plain

 

思えば長い道のりだった

携帯電話やパソコンなどが持ち運びしやすいように小さく軽くなっているトレンドの中で、さらに電子部品も小さくしていかなければならない宿命だった

最初は失敗続きの連続。遅くまで打ち合わせをし、試作品を作り測定を繰り返す日々が続いていた。試作品は機械ではなく自分たちの手作りなので、開発者たち指先の肌も荒れ絆創膏も目立つようになっていた。測定器を見つめながら、いつしかの頭の中には中島みゆきの「地上の星」が流れてい

 

 

ん、なんかおかしいぞ・・・

 

 

は装置の異常に気が付き始め。確かに電子部品を小さくできる性能を示すデータは出てい。しかし、その隣に出ている他のデータが異常な数値を示していることに気が付いたのだ。どうなってるんだ、これは? 動揺しているとさらに次の衝撃が走った。部品が発熱を始め、貼っていたビニルテープがぐにゃりと溶け始めていたのである

 

まずい、明はそう思いとっさに測定装置の電源を切った

 

の脳裏では笑顔にあふれていた皆の顔が一転して落胆に変わりました。まずいぞ、これは。試作品を測定中に台無しにしてしまった罪を問われることになってしまわないか? 台無しになったのも私の測定ミスということになり評価が下がることにならないだろうか? 不景気が続き残業代もカットされている中さらに給料が下がっては生活はますますくるしくなってしまう。私はただ測定に居合わせただけで何の落ち度も無く、原因は私ではなく犯人は他にいる、そのことを証明しなくては。

 

f:id:t-akr125:20170107204042j:plain

 

明はまず起きた事件の現場の状況と残された形跡を整理することにした。

 

場所:測定室で窓もなく出入り口は鍵のかかった状態の狭い密室。

被害者:試作品(指輪のようなリング状をしている)。身に着けたビニールテープは溶け、本人も火傷を負った様子。それ以外は特に争った形跡はない

測定者:目撃者でもある明。被害者である試作品を装置にセットし、被害にあう様子の一部始終を見ていた。目撃者が被害者を装置にセットして測定しなければ被害に会わなかった可能性はある(非常にやばい)。目撃者は加害者ではないと主張し、測定も手順に沿って間違いなく行われたと主張している

装置:目撃者でもある測定装置。測定前に問題なく動くことを確認し、測定は本人の意志ではなくプログラムによって実施され、また測定者によってオペレートされたと主張している。

遺留品:測定は測定者によって途中で止められてしまったが、測定中の被害者の様子は測定データとして装置に記憶されている。

 

 

 

起きた事実、残された状況から犯人を割り出していこう! 明はだんだんと江戸川コナンのような気分になってきました。

現場は完全に密室の状態で、居合わせたのは被害者と二人の目撃者だけだ。装置はプログラム通りに動いていたので犯人の可能性は低い、それに被害者の状況を見ると測定者が故意に壊した形跡は無い。そうだ、残されたデータをチェックしてみよう。うむ、測定の条件は間違いなく行われていたようだ。ということは、装置の犯人の可能性は消え、測定者が犯人である可能性も低くなった。

では、どんなトリックが隠されているのだろうか? データの値を見てみよう。やはり異常値を示しているな。被害者である電子部品の消費電力は想定外に大きく、不良品であることを意味しているのではないだろうか。

つまり、容疑者はこの密室の外にいるぞ。分かった、トリックはここだ!

 

f:id:t-akr125:20170107204248j:plain

 

明は状況を伊藤課長に報告しました。

「どうして原因はそこにあると分かったのだね」

「データを見ると部品の消費電力がとても大きく、作り方か原料を間違えたかどちらかと推定しました。原料を型に入れてプレスして指輪のような形を作り、次にオーブンで焼くというシンプルな作り方です。まず試作品を顕微鏡で観察したところ、原料を間違えている可能性が低いことが分かりました」

「ということは、作り方に問題があったということかね」

 

「実際に試作品を作った佐藤さんを連れてきました」

「私は試作品はここに書かれたマニュアルに従って間違いなく作りました。ですので作り方にも問題はありません」

 

 

「原料にも作り方にも間違いがない。じゃ問題はいったいどこにあるのだ?」

「問題は伊藤課長です!」

 

「何を証拠に一体君は言っているんだ!」

 

「顕微鏡で試作品を観察したときに、原料に使う金属の結晶が不揃いであることに気が付きました。ということは、オーブンで焼く温度に問題があったということです。課長はオーブンで焼く温度を途中で変えませんでしたか?」

 

「私は知らない」

 

「オーブンの温度を故意に下げたのがバレないように、オーブンの温度計に細工をし焼いてからまた元にもどした、そうでしょう。設定をするパソコンに2回ログインがあって、課長のユーザー名が残っていたんですよ」

 

 

「うううう。そう、温度を変えたのは私だ。マニュアルにある750度の設定を、温度が上がる前にこっそりと600度に下げたのだ」

 

「部長聞きましたよね」

 

がくっ、と課長は肩を落とした。

 

「では、なんのために?」

「そ、それは・・・・・・」

 

変化の激しい現在の世の中にあって開発競争も激化しており、普段のビジネスの中でも今回のようにS社のスパイが潜んでいるかもし知れないのだ。いつ何が起こるかわからない、答えは必ずモノとデータにある。探偵と同じように開発者もわずかな変化を見逃さないアンテナをいつも張っていなければならない。

 

f:id:t-akr125:20170107204024j:plain

(この物語はフィクションです)

 

オーブンを焼く温度を下げるとなぜ消費電力が大きくなるのか?

知りたい方は、はてぶボタンをおして、コメントをお願いいたします。

 

たなかあきらの自己紹介

こんにちは、たなかあきらです。この名前はペンネームです。
普段は、イギリス・ウェールズの歴史に特化したマニアックなブログを2015年の8月から書いています。

ブログは自分の考えを他の人に読んでもらえ、そこから新たな交流や学びが得られるとても素晴らしいツールであると思います。

歴史の記事ばかり書いていましたが、それ以外の事も書いていろんな人と繋がって交流をして学んでいきたい、という思いがふつふつと湧き上がってきて、あらたにブログを立ち上げることにしました。

 

こちらが普段書いているマニアックな歴史ブログです。

www.rekishiwales.com

 

僕の経歴を簡単に紹介します。

兵庫県神戸市に生まれ幼少は京都と長野市で過ごす。
父親の転勤で愛知県に移り住み小学校~大学まで過ごす。
20年ほど前に製造業の会社に就職し8割くらいの起業人生を研究者として送る。
その間、イギリスの大学に一年在籍し、ウェールズの歴史に出会う。
その後、ウェールズにハマりウェールズの歴史を10年くらい勉強する。
2015年から歴史に特化したブログを開設する。

現在は営業としてサラリーマンを続ける毎日である。

 

サラリーマン人生では山あり谷あり、良いことあり悪い事あり、さまざまな人間関係あり、そこから多くの事を学びました。サラリーマンをしていなかったら今の自分はないですし、今自分の周りにいる親しい人々とも会うことはなかったと思いますし、ウェールズを知ることもなかったと思います。このブログも書くことはなかったでしょう。

ブログを書くことになった経緯から考えますと、オンライン・オフラインいずれからも人との繋がり交流が始まり、多くの事を学んできたと思います。

そんな思いを書いて行きたいと思いますし、そこから新たな交流や学びを得ることが出来ればとても嬉しく思います。

簡単ですが、よろしくお願いいたします。
最後まで読んでくださり有難うございました。